ごあいさつ


 

昨年、7月に当協会の代表理事を拝命し、早1年が経とうとしております。

役職員を始め、関係各位のご指導、ご助言をいただきながら、何とか任期満了まで務めさせていただきました。

また、この度は、先の理事会の於いて理事各位のご推挙により再び代表理事に就任することになりました。もとより浅学菲才の身ではございますが、益々職務の重要性を深く認識し、責務の全うに全力を傾注いたす所存でございます。何卒、変わらぬご支援ご鞭撻の程、従前同様宜しくお願いいたします。

 

さて、昨今のばんえい競馬を取り巻く環境につきましては、6年連続で前年度の発売実績額を上回る好成績が続いております。他地方競馬に於いても、ネットによる勝馬投票券の発売が飛躍的に伸びた事が要因となり、全国的な業績回復の流れに繋がっているものと実感するとともに、これまで中央と地方競馬の連携協調が功を奏する良い結果に結びついていると認識しております。

その甲斐あって、ばんえい競馬に於いては、懸念されていた競走馬の確保につきましても、ようやく出走実頭数が昨年度より50頭程度増えましたことは、誠に喜ばしいことと存じます。

 

しかしながら、その一方で、生産者や馬主の減少、調教師、騎手の高齢化、きゅう務員不足等課題が山積している状況には変わりありませんが、昨今の経済や社会環境の変化を踏まえながらも、厳しい現実から目を背けることなく、一つ一つの課題に真摯に向き合って、関係者が同じ方向を向いて進むよう、対策を講じて行かなければならないと考えております。

 

 これまでばんえい競馬が半世紀以上に亘り歩んできた歴史は、先輩諸兄が創意工夫と熱意により、その時勢に応じた様々な改善を積み重ねて来た結果であり、今日まで築きあげたばんえい競馬を、先人への敬意や感謝を忘れることなく、我々は後世に引継ぐ責任があるのだと強く感じております。

 そのような思いを糧に、今後二年間の任期ではございますが、私なりに課題解決に向けて精一杯挑んで行こうと決意を新たにしたところでございます。

会員の皆様、そして関係団体の皆様、これからも変わらぬご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し 上げまして、ご挨拶といたします。

 

 

平成30年7月

一般社団法人 ばんえい競馬馬主協会

 代表理事会長 大阪 武 

ページ一覧



ブログ更新履歴