競走馬に対する弔慰金のあらまし


 

  一般社団法人ばんえい競馬馬主協会が会員の所有するばんえい競走馬の不慮の事故に対して、弔慰金を給付する制度です。事故があった場合は必ず預託調教師を通じて馬主協会へ届出しましょう。

 

競走馬の弔慰金の定義

 

  (1)業務中

帯広市が行うばんえい競馬に出走させるため、又は出走申込する資格を得るための検査を受ける目的で帯広市長の許可を得、帯広競馬場に入きゅうしてから退きゅうするまで。ただし、2歳テスト馬については、4月1日以降入きゅう馬とする。

(2)療養中

前号の定めにより入きゅうしている馬が、蹄葉炎、関節炎など慢性的疾患及び骨折の病名により発病した事が原因、又は開腹手術後の術後療養のため、帯広市が許可している診療獣医師の指示により、退きゅう療養の間。

 

手続及び概要

 

 事故発生の通知

事故が発生した場合は、調教師の申告により獣医師が診断し、診断書を添えて当協会に申請すること。

 殺処分の場合

治癒の見込みがなく、予後不良と診断され屠殺処分した場合は屠殺証明書(残存物価格がある時はこれに買受書を添えて)を提出してください。

 申請書類等の提出

弔慰金給付請求 弔慰金給付請求書(当協会の様式)・獣医師の診断書又検案書及び屠殺証明書(買受書を含む)

 弔慰金の給付 

弔慰金は請求に基づき審査し、会員の指定した金融機関(報償金振)のに振込まれます。

 給付が受けられない場合

事故の原因が、重大な過失、又は故意、若しくは犯罪行為によるとき。

給付の請求について不実の申立てがあったとき。

正当な理由がなくて、療養に関する獣医師の指示に従わなかったとき。

○ 開催執務委員長の指示に反して事故をおこしたもの。

○ 除名された会員は、一切の権利が無効となり請求ができません。

○ 給付を受ける権利は、その事由発生の日から当該年度末日までに請求しなければ放棄したものとみなされます。

  給付の特例

事故多発の場合は、給付額を減額払いすることがある。

ダウンロード
競走馬の格付基準及び弔慰金の額
あらまし全部.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 54.5 KB

ページ一覧



ブログ更新履歴